スポンサーリンク

【マイクラ建築】水路を作る&超初心者向き整地のコツ

今回はいつもと少し違う内容でお届けします。
豊かな自然を活かして建築する場合は特に意識しなくても大丈夫なのですが、今回のようにモダンな家が建ち並ぶ街を作る場合は整地は必須レベルです。
ブランチマイニングと同じくらい整地に癒される私は、
整地がしたくて建物を建てているんじゃないかというレベル(笑)

今回は、自宅と喫茶店の前に流れる水路を作ろうと思います。
こちらは街を拡張しながら作るので、完成形ではなく「こんな感じで作ってるのか〜」という程度です。
喫茶店が完成する前からコツコツと水路を作っていました(笑)
整地に関しては、私が超超超初心者の頃に(まだ超初心者程度のレベルですが)知らなかった小技をご紹介。

スポンサーリンク

水路を作る

川や海などの水面より1つ低い位置まで掘る

画像右の階段を上がると自宅です。元々近くに川が流れていたので、そのまま民家と自宅の境に水路を作ろうと思いました。
とりあえず、川の水面より1つ低い高さになるまで掘り、エンドストーンレンガを並べます。自然の雰囲気を残したい場合は丸石でも良いと思います。
ただ、これはちょっと深すぎるかな・・・?万が一落ちたら、両側の壁の圧迫感がスゴイからパニックになりそう((((;゚Д゚)))))))

高さを調節する

結局、大きな公園にあるような浅い水路にしました。
せっかくなので、橋の近くから最初に掘った高さまで階段状にして、滝のように水を流そうと思います。
途中段階で水を入れてしまうと、他の場所に水路を広げたいときに水流が邪魔になるので、水はある程度せき止めた方が作業しやすいですよ。
こんな雰囲気の水路をこれから街に広げて行こうと思います。

街の拡大に向けて整地をする

脱・超超超初心者!効率的な木の伐採方法

マイクラをリロードしていると、プレイするのにお得なメッセージを表示してくれます。
そんなに長い間表示されていないので、読む前に消えてしまうことも多々ありますが、超初心者を脱出するポイントもたくさんあります。
その中で整地に欠かせないメッセージがあります。
「木は最後まで伐採しましょう」
最初の頃、私は「全部!?結構重労働だなぁ」とボヤキながらも、木を素手で伐採しておりました。
まずは葉っぱを落として、木の幹を地道に叩いて・・・はぁ〜いい音♪(´ε` )と癒されながら伐採していたわけであります。
ところがどっこい、「最後まで」というのは「木の幹を全て伐採」でOKだったんですね。
まだ始めたばかりのプレイヤーの皆様のために検証画像をご用意しました。

今回はこの2本の樺の木で比較してみましょう。

画像右側の木は葉の間に幹が残っています。左は幹だけ全て伐採しました。
さて、どうなるかというと・・・

幹がない左側の木の葉がどんどん枯れて行くのがわかります。ところが幹が残っている木は何も変わりません。

こんな感じになり、最終的には全ての葉が消えました。サバイバルなどで効率よく整地をしたい場合は、
木の幹を残さず壊す
これが「最後まで伐採しましょう」の意味ですね。葉のブロックも全部伐採していると膨大な時間が必要ですが、とにかく幹だけを残さず壊せば、葉は勝手に消えてくれるのです。

整地の時短&斧の節約になる超初心者向け豆知識でした。

ひたすら幹だけ伐採した森林の様子。うっかり渓谷が顔を出してビックリしました。
樺の木の幹は縦に7ブロックほどですが、樫の木はたまに大きな木になって、横方向にも幹が伸びている場合があります。その場合もやはり葉は枯れずに空中に残っているので、大きな木は横方向もチェックしてみましょう。

注意

幹がなくなった葉が勝手に枯れるのは、プレイヤーがある程度近くにいる場合のようです。

次回は街づくりに役立つコマンドをご紹介します。

マインクラフト建築
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
okaeriをフォローする
タイトルとURLをコピーしました