スポンサーリンク

武器のエンチャントコマンド

すっかりクリエイティブ中心になってしまった私にとって、あまり意味のないエンチャントコマンドですが、ちょっと面白そうなので実際にコマンド入力してみました。

スポンサーリンク

エンチャントコマンドの入力手順

①エンチャントしたアイテムを手に持つ(今回は斧を例に使いました)

②チャットでエンチャントのコマンドを入力(画像は耐久力Ⅲのコマンドです)
/enchant @s unbreaking 3
スペースは全て半角です。

③武器が紫っぽく光っていたら成功!おめでとう!
「エンチャントに成功しました」という表示が出たり、アイテムを確認するとエンチャント内容も一緒に表示されるので、何をエンチャントしたのか確認できます。

エンチャントのコマンドの種類

コマンドの意味がわからないです・・・「@s」って何?と思った方に

/enchant の後ろにある「@s」
これは「誰に何のエンチャントをするか」の「誰に」の指定になります。
下の画像だと、自分自身になります。

他にもこんな種類があります。

@のエンチャントのコマンド

@a ・・・全てのプレイヤー
@e・・・全てのエンティティ
@p・・・最も近いプレイヤー
@r・・・ランダムなプレイヤー
@s・・・自分自身

剣や斧にはどんなエンチャントのコマンドが入力できるの?

@で対象を指定したら、半角スペースを開けて、「誰に何のエンチャントをするか」の「何の」の指定になります。
これまた種類が多すぎましてな・・・。同じ武器に同時にエンチャントできない内容もあったりするので、クリエイティブで色々実験するのもアリだと思います。

必ずつけたい、武器のエンチャントコマンド例

mending・・・修繕(レベル無し)
unbreaking・・・耐久力(最大レベル3)

この2つはほぼ必須と言えるくらいではないでしょうか?
後はお好みでノックバックや聖なる力、火属性や鋭さなどを付与しますが、聖なる力、鋭さ虫殺しは1つの武器につき1種類だけです。聖なる力と鋭さを同じ武器にエンチャントすることはできません。
全然知らなかったから、バグかと思ってググったよ。

お好みでどうぞ!武器のエンチャントコマンド

fire_aspect・・・火属性(最大レベル2)
looting・・・アイテムボーナス(最大レベル3)
knockback・・・ノックバック(最大レベル2)

***ここから下は1つの武器に1種類だけ***
sharpness・・・鋭さ(最大レベル5)
smite・・・聖なる力(最大レベル5)
bane_of_arthropods・・・虫殺し(最大レベル5)

弓にはどんなエンチャントのコマンドが入力できるの?

個人的なオススメとしては無限です。矢が1本あれば無限にビュンビュンできます。
私のような超絶アクション下手っぴプレイヤーにはありがたいコマンドでございまして、ありがたいを通り越して
無限がないとサバイバル無理というレベル

弓のエンチャントコマンド

unbreaking・・・耐久力(最大レベル3)
power・・・パワー(最大レベル5)
flame・・・火炎(レベル無し)

***ここから下は1つの武器に1種類だけ***
mending・・・修繕(レベル無し)
infinity・・・無限(レベル無し)

トライデントにはどんなエンチャントのコマンドが入力できるの?

強いけどイマイチ使いこなせないトライデント。
投げたくないのに、明後日の方向へ飛んでしまうトライデント。
水没したけど、なんだか色が同化して見つけられなかったトライデント。
間違ってマグマに捨ててしまったトライデント。

トライデントには苦い思い出がいっぱい

そんなトライデントに衝撃のエンチャントがあった・・・

トライデントのエンチャントコマンド

mending・・・修繕(レベル無し)
unbreaking・・・耐久力(最大レベル3)
Riptide・・・激流(最大レベル5)
Channeling・・・チャネリング(レベル無し)
Imparting・・・串刺し(最大レベル5)
Loyalty・・・忠誠心(最大レベル3)

忠誠心・・・だと・・・?
忠誠心は投げた後に自動的に手元に戻ってきます。
今まで持っていたトライデントは私に対する忠誠心ゼロ。

オラは今度から全部のトライデントに忠誠心つけて、トライデント王国を築くべ。

ふぬぬ・・・!まさかの忠誠心。
でも今度から安心して操作ミスできる(笑)
あ。
戻ってくるときに自分に刺さるとかないですよね?

あってたまるか、そんな仕様((((;゚Д゚)))))))

ではまた次回!

マインクラフト便利機能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
okaeriをフォローする
タイトルとURLをコピーしました